FC2ブログ
白根御池小屋のテント場はやたらとエスパースの緑テントが多い。
バットレスをめざすクライマーが集結しているからなのだが、千種新テントも同様。
そして連休2日目の13日は、過去最高の人手のもよう。
となると当然、バットレスへの取り付きは熾烈な競争となる。
早いパーティーは2時ごろ起きだし、3時には出発している。
この競争に加わるか否か、それを前夜のうちに決めておかなかったため、普通に3時に起きた。
まあほとんどのパーティーが第4尾根だろうとマイペースに準備した結果、出発は4時半。
さらに二俣あたりでイチローがテントに忘れたロープを取りに戻ったため、ペースはさらにまったりと。

20131013055810.jpg朝焼けの下部岩壁

6時くらいにようやく到着した下部岩壁取り付きは大混雑。
ピラミッドフェース、dガリー大滝、第5尾根支稜の3ルートだけでなく、ピラミッドフェースとdガリーの間の壁に取り付いているパーティーまでいる。
下部フランケの取り付きまでどこから登るべきか、しばし観察。
dガリー大滝は落石も多いし、墜落してる人もいたのでやめ。
ミヤザキ、イボG組が昨日登ったピラミッドフェースの1、2ピッチから、青木夫妻が第5尾根支稜から登ることとする。デポしたクライミングギアを無事回収し、7時頃同時に登攀開始。
結果、ほぼ同時に2ピッチ終了し、さらにコンテでdガリーを登って下部フランケ取り付きに到着。


【下部フランケ】

1ピッチ目 Ⅴ- イボG チャレンジ本にはⅤ-とあるが、Ⅴ+、Ⅵ、10a、10bなど諸説ある怪しい垂壁のフェース。防御クライマーの異名を返上しつつあるイボGがハナを切ってリード。頼もしい~。
…が、苦しくなるほど口数が多くなるイボGが、しゃべりっぱなし!しゃべってしゃべって、悩みに悩んだ結果、残置ハーケンにスリングをかけて足で踏み、A1で突破。1ピッチ目からこの難しさなのか…!と一同下部フランケにびびる。
ザックを背負ったフォローのミヤザキも歯が立たず、迷わずA1。しかし後続の青木夫妻のリードのHIROMIXはフリーで抜けてきた!柔軟性とバランス感覚を生かしたクライミングは見事の一言。ヘルメットに「山ガール」ってシールが貼ってあるが、昨今の山ガールをナメてはならない。
しかしこのピッチ、トポには50mと書いてあるが、明らかに30mもない。

994936_10200842096841342_1136134802_n.jpg壁と会話するイボG

2ピッチ目 Ⅳ+ ミヤザキ たぶん2ピッチ目の途中までイボGが登っていたのだろう。快適なV字凹角からハングを左に抜けて終了。トポには35mとあるけど、20mくらい?

3ピッチ目 Ⅳ+ イボG 2ピッチ目と同じような形のV字凹角からハングの脇を抜けた後、スラブ。チャレンジ本にはここが核心と書いてあるが、明らかに1ピッチ目でしょ、とみんなツッコむ。これも40mはない。30mくらい。

1385093_10200842097881368_1134970215_n.jpgスラブに出たあたり?を登るイチロー


4ピッチ目 Ⅳ ミヤザキ なんとなくフェースを登ってバンドに出て左へ。チャレンジ本だとピッチを切っているが、これまでの距離の違いからして50mロープで足りるはず、と、そのままトポの5ピッチ目Ⅱ級のトラバースまでやる。45mくらいまでロープを伸ばし、そこからdガリー側に5mほどクライムダウンしたところに終了点。ロープの流れが悪くならないように180cmスリングを使って支点を伸ばした。後続のイチローはプーリー付きのカラビナを使っていた。なるほど勉強になります。

20131013113827.jpg4ピッチ目をリードするイチロー

11時半ごろ、下部フランケの終了点の横からdガリー上部に合流。快適なテラスがあり、ひなたぼっこしながら青木夫妻を待つ。遠くには富士山。25歳になったイボGは何を思って見つめるのか…。

20131013113146.jpgていうかドカベンの岩鬼みたいになってるけど、どうしたの?


【dガリー奥壁】

dガリー奥壁は、さらに1ピッチdガリーを詰めた先にある。本にはルンゼ40mⅡ~Ⅲ級とあり、時間短縮のためミヤザキがビレイなしで登ってみた。が、甘くはない。しっかりとしたⅢ級なので、終了点=奥壁取り付きでセカンドの確保。
青木夫妻は下から確保して登った。

1ピッチ目 Ⅴ+ イボG dガリー奥壁の核心ピッチ。迫力満点の三段ハング超え。一段目はパワーが必要。二段目は簡単、三段目は…今後このルートに行く人のために、詳細は伏せておこう。
ただ、普段は黙々と登るタイプのミヤザキが、ここでは思わず叫んでしまった。青木夫妻も同様。全員がA0で抜ける。
難しいし怖いけど、めちゃ面白いピッチだった。

7973_10200842098761390_1930543367_n.jpg三段目のハングと奮闘するイボG


2ピッチ目 Ⅴ ミヤザキ 明るく開けた赤いスラブの岩壁を一刀両断するクラック。このピッチをリードで登りたくてdガリー奥壁に来たようなもの。フィスト、ハンド、フィンガーと徐々に細くなるが、手も足も快適にきまる。気持ちいい~。
けど、クラックを抜けた後のラスト5mのスラブが激こわ!バットレスは全体的にフリクションが悪く感じるが、dガリー奥壁の赤い岩はとくにツルツル。アルパインのリードは落ちないことが一番!と自分に言い聞かせ、残置ハーケンを踏んでA0で突破した。
フォローのイボGは、親指の爪をはがしながらフリーで抜けてきた。すげー執念…。
青木夫妻もリードのHIROMIXはA0で、フォローのイチローはフリーで抜けたもよう。

564080_10200842099281403_947346434_n.jpgクラックをリードするHIROMIX


3ピッチ目 Ⅳ イボG 本には「草付きのスラブ」としか書いていない。この日唯一の癒しピッチ。簡単すぎたので途中クラックを使うルートにあえて入ったが、それでも簡単だった。Ⅳ-かⅢ+かな。

1379888_10200842099921419_835417930_n.jpg隣は第4尾根のマッチ箱


4ピッチ目 Ⅳ ミヤザキ 本には「傾斜の緩いオフィズスからチムニー」と書いてあるが、どうみてもはじめっからチムニー。てことは、2010年の大崩壊で広がったのだろうか。
ともあれ、こんな標高3000mの場所にこんなチムニーがあるのが面白くて、ずりずりしながらなぜか笑えてきた。抜けたらスラブを登って、城塞ハングの下へ。5ピッチ目まで継続して登り切る予定だったが、第4尾根を登ってきたパーティーが取り付いていたため、ピッチを切る。

1377590_10200842100241427_823305053_n.jpgチムニーに入り込むHIROMIX


5ピッチ目 Ⅳ イボG 第4尾根のパーティーが登るのを待って、ギザギザのチムニー?みたいなとこに入る。
見た目よりけっこう悪いらしく、先行パーティーのおじさんは苦労していた。が、これまで登ってきたところを思えば難しくはない。灌木が終了点。そこからⅡ級のハイマツ帯を登り、安定したところで終了とした。

時間は16時前。下部岩壁の取り付きから計12ピッチ、9時間近くかけてしまった。
下山準備を整え、青木夫妻を待つが、なかなか上がってこない。第4尾根から合流したパーティーが間に2パーティーも入ってしまったようで、1時間くらい待った。3連休の4尾根大渋滞が、ここで直撃。
dガリー奥壁は午後は陽が当たらないので、かなり寒かった。

1383835_10200842100761440_273769608_n.jpg夕暮れのなか、山頂到着


17時半ごろ山頂へ。そこからヘッデン下山。1時間半くらいで白根御池に到着した。
気がつくと、ミヤザキもイボGも手の爪が数本、極度の深爪のように血が滲んで痛い。
翌日は第4尾根を登れば千種の大先輩・瀧根さんに会える可能性があったが、これはおとなしく下山かなと話す。
何より、標高3000mでの12ピッチで技術、体力、精神力ともに出し切った満足感が大きかった。
それから1時間くらい遅れて、青木夫妻もテントへ。イチローは精も根も尽き果てたのか、イスラム教徒のお祈りの態勢で何事か懺悔していた。念のため「明日どうする?登る?」と聞くと、「登るわけがない!」と力強い返事。これで気の済むまで寝坊からのゆっくり下山が決定した。
夜はHIROMIXの手作りキムチビーフンをつまみつつ、22時過ぎまで団欒。この日も星が凄かった。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/624-95d9f97c