FC2ブログ
1皮です。薬師岳方面へ沢登りに行ってきました。直登できる滝は登りましたが、ほとんど沢歩きに終始しました

【16日】折立6:50~8:30太郎平8:40~8:50薬師沢小屋9:10~10:30赤木沢出合10:50~12:20大滝12:40~14:00赤木平~16:00薬師沢左俣途中でビバーク

【17日】テンバ5:30~6:10薬師沢右俣出合6:20~10:30薬師岳東南稜~10:50頂上11:20~13:50折立


16日。折立からの急登で、すでに猛烈な暑さ
おばちゃんグループをごぼう抜きしようと頑張ると、朝食で食べたすき家の牛丼が喉まで逆流しかかる
トレラン男子と山ガールでいっぱいの太郎平に着いても、下界のような猛暑。さっさと薬師沢に向かう
薬師沢小屋のテラスから黒部川の河原に下り、水に足を漬けて進む。腰まで漬かるとさすがに寒い
上半身は熱帯、下半身は凍りそうです
P1000503_convert_20130822220937.jpg黒部川のへつり
蛇行する川の流れとは逆に、左岸→右岸→左岸と徒渉を繰り返す。数カ所でへつりも。深さは太もも程度で難しくない
川が大きく左に曲がる辺りの左岸が、赤木沢の合流点
P1000506_convert_20130822221032.jpg中央の白い岩左側が赤木沢出合
合流点の川幅は狭く、見落としそうです。そこからは滝と滑の連続
苔や砂がほとんどないのが、北アで一番美しい沢といわれる所以かも
P1000509_convert_20130822221111.jpg終始こんな感じ
大滝手前の河原でテントを張っていた2人組によると、この日は他のパーティとは会っていないとのこと
人気がある沢とはいえ、サワノボラーが続々と来るわけではないのかな
大滝を左岸から巻き、上部の二俣へ。日頃の不摂生がたたり、脚にへたりが・・・
振り返ると、計画していた黒部五郎岳が遙かに高くそびえている。瞬間的に足は、逆方面の右俣へ(^_^;)
沢を忠実に詰めると赤木平
P1000519_convert_20130822221153.jpg赤木平は気持ちのよい高原
可憐な高山植物をわしわし踏みつけながら薬師沢左俣の上流部へ
大きな岩の間をどんどん下り、砂地が出てきたところでビバーク。1カ所だけ左岸から巻いたけど、下りで特に問題になるところはありません
P1000522_convert_20130822221234.jpg左俣はこんな岩を下りていく
翌17日。目覚まし時計がなかったので、明るくなりはじめた5時前起床
薬師沢本流に下り、数十メートル上流で右俣へ入る。右俣の下流部は狭く、暗い
P1000527_convert_20130822221323.jpg右側が薬師沢右俣
小さな滝をどんどん越えていくと、やがて広がって、ただの歩きに終始
左岸から大きな滝が2つほど合流するが、本流は至って穏やか
P1000529_convert_20130822221406.jpg右俣も沢はきれいです
P1000530_convert_20130822221450.jpg左岸からの沢。これを登って東南稜に行くのも面白いかな
沢が大きく右に旋回すると、薬師岳東南稜が見えた
何カ所に雪渓が残っていたが、草地の斜面を歩いたり、崩れたスノーブリッジの間を抜けたり
最後はガラ場を登って稜線
P1000534_convert_20130822221538.jpgこの辺りから、もう暑いっす
炎暑の中、頂上経由で折立に下りました
3つの沢とも初心者向きで、太郎平辺りを基点にした夏の合宿にいいかもね
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/592-584afa35