fc2ブログ
青木Hです。
8月11日に日帰りで御在所岳に行ってきました。
メンバー:1R、H(記)

お盆だからか、いつになく空いていました。裏道登山道は非常に暑く、あまりの暑さに汗だくかつ水さえも飲めなくなるというまさしく熱中症寸前になり焦りましたが、中尾根バットレスの基部は風が吹いていて心地よくほっとしました。

目標のカリフォルニアドリーミング6Pに取り付きます。
1~3Pまではスラブなので青木家スラブ担当のHがリードでその後は1R君のリード。

1P目10a
スラブらしいスラブでスメアリングで登るべきところと思うが、呆れるくらい登れず、さっきまでは心地よかった風もすっかり臆病風に変わり、A0、さらには4p目のA1に備えて持参したアブミを使ってかろうじて終了点へ。ひどい内容。。。セカンドの1R君はフリーで抜けてきました。

2P目V(10a?本によって記載が異なる)
このピッチは、この日お会いした先行の強強ソロクライマーさんの話では、“あえて難しいラインを選べば10aになるが弱点をついて登ればV級程度”とのことで、私は吹き荒れる臆病風をいさめるべくとにかくやさしいラインを選んで登る。ゆえに体感V級。

3P目10a(写真)
細かいホールドを頼りにテンションかけつつギリギリ通過。私はここが一番面白かった。臆病風もようやくやんだ。
P1010681.jpg


4P目12a/b(A1)1R君リード
ホールドがほとんどあるように思えないフェイスをA1で抜け、クラック。A1は、支点がしっかりしていて問題なかった。クラックはガバもあったけど、リードだと恐ろしいだろうな。。。

5P目V 
ルートがわかりにくく、1R君がルートファインディングの旅へ出てくれる。しばらくして戻ってくる。いい支点がなく、ルートは判然としない、最後の10dのクラックはもともとあんまりやらない予定、ということで、ここでわたしたちのカリフォルニアンドリームは終了と決めた。

下降は2回の懸垂。写真は4P目の終了点から。
P1010695.jpg


その後、練習のためバットレス正面下部の正面ルート5.8を1回ずつ登って終了。

藤内沢出合いから見た中尾根バットレス↓右手の滑り台みたいなところ。
P1010697.jpg
遠目だと壁がだいぶ寝ている。真下から見ると立ってるような気がしてたのに不思議です。

修行が必要と感じた1日でした。。。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/586-dc99119f