FC2ブログ
2013.08.06 錫杖岳敗退
青木Hです。

7月28日に1郎くんと錫杖岳に行きました。
“見張り塔からずっと”ルートで錫杖岳の頂上に立ってみたい!と、27日夜に出発。登山口周辺で仮眠し、28日の6時頃出発。

(行程)
槍見館・・・錫杖沢出合い・・・取り付き・・・中央稜との合流点(雨天敗退)

GW以来、なんだか登山の体調がいまひとつですぐに疲れてしまう私がいるため、取り付きまでにだいぶ時間がかかってしまった。1郎くんにはたくさん待ってもらってしまった。ありがとう。このときはまだ雨はなく、時折強い日差しも射すが、おおむね曇り空で登攀開始。見張り塔ルートにはほかに誰もいなかったが、北沢を挟んですぐの右手には注文の多い料理店ルートがあり、登っている人たちがよく見える。2パーティが取り付いていた。

注文を登るひとたち↓すっきりとしたルートが美しい。
P1010649 (1) (480x640) - コピー

かたやわたしたちの登る見張り塔は笹藪コース・・・↓
IMGP2717.jpg

藪に苦戦しながらもなんとか中央稜との合流点についたが、すでに雨がポツリポツリと降っていた。とりあえず見張り塔で有名な洞窟の下まで行って、そこで降りるか考えることにしようと、一度は決めるが、中央稜の草つきをトラバースしようと進むうちに本降りになり、加えてなんでもないところで濡れた草に滑ってヒヤリとし、長く続く草付きを歩く気持ちが一気になくなる。敗退決定し、懸垂で降りることにする。
早く降りられるし、近くの熊牧場(ずっと行きたかった)に行くのもいいかもしれないなどと話していたが、この懸垂がまた悪かった。藪だらけで、懸垂も短く区切りながら行うことになる。結局槍見館に戻ってきたのは夕方の6時頃。
しかし、今回の懸垂では先日の確保講習会で瀧根さんに教えていただいた、オートブロックによる懸垂が大活躍で、懸垂中の藪払いも安心して行うことができたのでとてもよかった。
そして、なんと下山の途中から晴れてきた。
P1010669 (1)

寝不足やら体力不足やら色々反省点もある。錫杖にはまたいつかリベンジしたい。でも次は藪が少ない季節がいいなぁ。



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/582-2ad4d807