FC2ブログ
若輩会員の宮崎です。
アルペンルート開通初日を狙い、4月16~18日の三日間で立山に入ってきました。
今回は初の立山でのバックカントリーということもあり、白馬・番亭の竹尾ガイドのツアーに参加しました。



murodo.png
開通初日の朝の室堂は山スキーヤー&ボーダーで大賑わい。
天気は朝は晴れ間も出ていましたが、すぐに曇りました。
奥大日岳の稜線から南東斜面を滑り降りたり、足ならし的な1日に。


tsurugi.png
2日目は午前中は晴れ。ただし強風で、剱御前の稜線上は暴風。
そこから剱岳を正面に見ながら剱沢を滑りました。北東面とあって雪もパウダーで最高。
今回ベストな1本でした。
登り返す途中でガスが出てきたため、ストップ雪の雷鳥沢を下って早めに室堂山荘に帰還。
時間が余ったので、ビーコントレーニング。


yukinoootani.png
16時ごろから快晴になったので、景色の良い国見岳へ。
360度のパノラマで最高。
西斜面からはアジア系外国人旅行者が長蛇の列を作っていた雪の大谷を見下ろせました。


kunimi.png
夕日を浴びながらの1本。


oyama.png
最終日、一の越から雄山までアイゼンをはいて登山。
飛行機雲がきれいにクロスしていました。
この時期は500円取られないので、山頂のお堂で無事の帰還を祈りました。


DSC07579-1.jpg
3千mの山頂の裏側、立山の氷河のひとつと言われるサルマタカールにドロップイン。


seturyou.png
カールの底からロングトラバース&雪稜を登り返し


DSC07742-1.jpg
黒部湖を見下ろす稜線に到着。
ロープウェーと競争しながら大観峰駅まで滑走。
さらに森の中を黒部湖まで滑り降りて、立山BCツアーは無事終了しました。



雪質はいまいちでしたが天気にはめぐまれ、立山ならではのスケールの大きな遊び方ができました。
今回は奮発してガイドツアー&山荘泊でしたが、妻の視線もぼちぼち冷たくなってきたため、来年は自力&テント泊をめざしたいと思います。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/532-fe240151