FC2ブログ
P3120045.jpg
こんにちは。
成瀬です。
11日12日で知人2人と八ケ岳へ行って来ました。
初日は南沢大滝の予定が、諸事情があって美濃戸の氷を少し登って終了。
美濃戸で泊まり、翌朝4時に歩き出して阿弥陀北西稜へ向かいました。
林道を歩いている道中、日置さんと仁さんが乗った車と出会いました。
北西稜の入口を間違えたのか(もうひとつ手前の踏み跡から入るのか?)、
北西稜と北稜の間のあたりに出てしまい、トラバース気味にラッセルしながら北西稜へ。
上部の岩壁が威圧的です。雪はだいぶ溶けていて、岩場は真っ黒。
雪稜を登って岩稜を渡り、岩場へ。
下の岩を巻くと、草付きのフェースの登り口にペツルのアンカーが。
しかし、リーダーのIさんはそれを無視し、草付きにイボイボでビレイ点を構築。
通常のラインは草付きを登るようですが、それより右側の灌木のあるラインを残置無視で登り、
ほぼ60mいっぱいで上部岩壁の取り付きまで。
日陰ですが風もなく快晴。
GWのように暖かく、とても気持ちが良い。
P3120079.jpg
核心の凹角クラックもIさんがリードで自分はフォロー。
カムの回収に少々手こずりながら登りました。
暖かく、岩に雪が付いていなかったのですがけっこう奮闘的。
クラックがけっこう続き、ハンドやフィストを決めながらの登攀。
条件の悪いときにリードするのは大変だなと思いながら登るとようやく太陽の光に当たることができました。
雪壁を登って稜上に出て頂上へ。
下降は阿弥陀北稜(岩場ではなく、雪壁の巻き道)を使い、美濃戸の車には17:00頃。
今回は全2ピッチともフォローだったので自分で登ったとは言えません。
また次回、もう少し力をつけてからリードでトライしたいと思います。
それにしても、最高の天気で残雪期のクライミングを満喫した一日でした。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/509-8cc683b4