fc2ブログ
N村です。

今年も仕事半分で参加させていただきました。
今回の舞台は明神です。
何年か前に向かいの六百沢大滝をN素さんと登りに行った際に偵察したことはありましたが
触ることなく、ただただデカイな~との想いを持ち帰っただけでした。
明神自体行きたいと思っていた場所ですがなかなか行くことができずにいたところで、楽しみでもありましたが、なにせ日頃登っていないので参加をためらいました。
しかしこんなチャンスはなかなかないので気合を入れ直しての参加です。

初日:明神東壁右ルート
明神東壁

壁はデカイです。
この日は東壁には3組が取り付きました。
遠くから眺めると寝てるように見えるが取り付きに付くとかなり立ってます。
右に見える大ハングの手前から取り付きます。
右ルート1p目

1P目から全開モードです。
当然の如く、悲惨な状態でフォローしました。
2P目は私の出番でしたがどうしても一歩が出ず、メンバーにお譲りしました。
3P目はハング上のバンドを右にトラバースしたがそこで時間切れになりそうだったので下降に移りました。

2日目:南壁ルンゼ(写真ありません)
初日でボロボロになったし2日目のメンバーは更に強力な若手と。
比較的新しい名古屋のクライミングジムの店長さんと14座完登時に竹内さんとご一緒していたあの若者です。楽しみでもありましたが恐怖でもありました(笑)。
天候は初日と違って終日風雪強くかなり寒かったです。
ルートは氷、歩き、氷、歩きというオーソドックスなものですがスケールも大きく、相当登りごたえがあり
かなり満足できるルートかと思います。
最後は2263峰へ繋がります。
ご迷惑をおかけしましたが何とか完登できました。しかし暗闇の下降となりベースに戻ったのは随分と遅い時間になってしまいました。
少しの休憩をはさんで翌日の別の仕事のため深夜に坂巻までトボトボと歩き、明神をあとにしました。

大きな刺激をいただきましたが自分の未熟さを改めて痛感した2日間でもありました。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/498-660c6158