FC2ブログ
こんにちは、成瀬です。
4日5日に、波多野さんとASCのメンバ―(4名)と合同で戸台に行って来ました。
初日は上ニゴリ沢出合にテント(8人用で6人入っても広々)を張り、上ニゴリ沢の滝へ。
先日の大雪の影響はまったくなかったのか、雪の少ない、足場の悪い沢を1時間ほど登るとようやくF1に到着。2パーティーに別れて登りました。こちらは波多野さんがリード。
R0012786.jpg
F1を登る波多野さん

F1を2ピッチで登り切ると林道に出て、すぐにF2があります。
傾斜のゆるめのF2を、ふたたび波多野さんのリードで登り、
そこからは歩きでF3へ。
傾斜が緩く短いF3はリードさせてもらいました。
初めてのリードは、スクリューをねじ込む場所を探しながらでしたが、
両手が離せるほど緩い傾斜だったので問題ありませんでした。
さらに歩いてF4へ。
しかし、F4は氷がぐずぐずで状態が悪く、落氷だらけ。
ASCメンバ―がトップロープをセットし、それぞれ一度ずつトップロープで登ると時間も押してきたので下降開始。
R0012793.jpg
F4を登る波多野さん

下りがなかなか長く、テントに着いた頃には暗くなっていました。
二日目は奥駒津沢へ行く予定でしたが、人数が多いのと、朝が遅かったのもあり、歌宿沢へ変更。
ラッセルしながら沢をつめていきますが、どれだけ登っても氷が見当たらず、
テントを出て2時間以上登ると、林道へ出てしまいました。
沢が違っていた様子。
R0012809.jpg
林道からの素晴らしい展望

その後、林道を下り、再び上ニゴリ沢のF1へ懸垂し、トップロープをセットして昨日とは別のラインをいくつか、3回ずつ登りました。
15時前にテントに戻り、撤収して下山。
今回は初めて山に行く人たちばかりで少し緊張しましたが、
二日間たのしく登ることができました。
自分にとって4度目のアイスクライミングでした。
少しずつ、氷の登り方に慣れてきているのがわかります。
易しいところから、リードの練習をすることが今後の課題です。
それから、ギアを揃えるのも大きな課題ですね。
波多野さん、ASCの皆さん、どうもありがとうございました。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/386-66600fd3