FC2ブログ
N素、I佐(報告)で、加子母村乙女渓谷の夫婦滝にアイスクライミングに行ってきました。

【行動時間】

乙女渓谷キャンプ場06:05 -- 07:40 夫婦滝 -- 08:20頃 男滝登攀開始 -- 11:00 登攀終了 -- 11:20 男滝下 -- 12:10 女滝登攀開始 -- 14:20頃(?)登攀終了 -- 14:40頃 女滝下 15:00 -- 15:50 乙女渓谷キャンプ場

【報 告】

今週、下呂、加子母周辺の天気予報はずっと雪だったため、かなりの積雪量を覚悟して現地に向かいましたが、加子母村に入っても雪が意外に少なく、乙女渓谷キャンプ場まで車で入ることができました。

準備をして6時過ぎにキャンプ場駐車場を出発。トレースはなく、足首くらいから最後は膝下程度の深さのふわふわの雪を踏みながら整備された木道を歩いて夫婦滝を目指します。1時間ちょっと歩くと沢沿いの右岸の道にロープが張ってある所があり(避難小屋手前です)ここを越えて進むのかな?と少し迷うところですが、そこからは右岸の斜面を登ります。木に結んであるピンクのテープを追って進むと再び木道が現れ、20分ほどで男滝に到着。立札を見ると落差80mと書いてあり、高さもありますが幅も広くて堂々たる姿。ただ、氷結具合は今一つです。

                乙女渓谷夫婦滝男滝20120128a
                男滝。幅が広くて立派な滝。 

ギアを付けてN素さんが登り始めますが、下半分は氷がグサグサでスクリューは効きそうもない感じ。暫く登ったところで気休めの1本をねじ込んで更に上へ。登るに従い氷質は若干マシになりましたが、決して良いとは言えない状態。全体的に傾斜が強く80度以上はあろうかと思われる滝を、上手に登っていきます。ロープを50mいっぱい伸ばして、「どうぞ」のコールでI佐フォロー。2P目は20m程度で登り切り、左側(右岸)の斜面をトラバースすると小秀山の登山道に出ます。登山道を下れば取り付きに戻れます。

                乙女渓谷夫婦滝男滝20120128b
                男滝下部は、グサグサの氷で嫌な感じ。

                乙女渓谷夫婦滝男滝20120128c
                上がるにつれて傾斜が増し、所々はバーチカル。

                乙女渓谷夫婦滝男滝20120128d
                写真では大した傾斜がないように見えますが、
                実際にはかなりきついです。
                同じような写真ばかりですみません!

行動食を食べたら今度は女滝へ。女滝は男滝の直ぐ手前の左岸から入っている枝沢にあります。(雪がなければ男滝から女滝の下まで歩いて1、2分。因みにどうでもよいことではありますが、ネットなどではこちらが男滝と紹介している記事もあるものの、現地の案内図を見るとどうやらこちらが女滝のようです。)

アプローチ中に二つの滝を見たら、女滝の方が傾斜が強そうに見えたので、結氷具合が微妙で悪い男滝を登った後では「登れるかなあ」と心配になりましたが、実際にはこちらの方が傾斜がゆるく氷の状態も良かったのでほっと一安心。こちらもN素さんのリードで1P目50m、2P目20mで登りました。下降は右岸の木を使って2ピッチの懸垂下降。50mではなく60mロープ2本なら、1ピッチで何とかぎりぎり降りられそうです。

                乙女渓谷夫婦滝女滝20120128
                女滝。男滝と比べるとほっそりとしたスリムな滝。
                Mなベルグラ好きには滝の左側がおすすめ。

アプローチが短くて迫力のある滝2本が登れ、おまけにどちらも貸切り状態。アイスクライミングを満喫することができました。名古屋からも近くて、数あるゲレンデアイスの中でもお勧めのとても良いエリアです。

   
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/385-2c69265b