FC2ブログ
年末年始に北鎌尾根に行ってきたので報告します。
日にち:12月29日~1月1日
ルート:七倉~北鎌尾根~新穂高
メンバー:波多野 西田


29日 七倉(発6時)~千天出合100M手前(着16時)
新穂高でN田さんと合流して、車1台で七倉まで行く。
到着して1時間仮眠をした後に出発する。トレースがあり助かる。
アプローチの核心部でもある水俣川は、渡渉を避けるため左岸から巻くようにして登りだす。
この巻きのトラバースは、古い残置ロープに体重を預けないと進めないところが有ったりと
案外悪いです。千天出合100M手前までで、渡渉は3回行いました。
最初は素足で渡ろうとしたが、2M歩いただけでギブアップして戻り、渓流ソックスを履いて
渡りました。
P1010693_convert_20120106230053.jpg


30日 千天出合100M手前(発6時)~P2~P5基部(着18時30分)
朝1番から渡渉を行ってP2取付に到着する。ここまでのアプローチが長く感じた。
P2の登りでは2箇所悪いところがあった。
P5の手前で千丈沢側に懸垂で降りて、巻き道を探すが巻けそうに無い。
草付の斜面をダブルアックスで40Mくらい登りだすが、ルートがスッキリしていない事と
日が暮れてきたので、懸垂下降で降りることにする。P5基部でテントを張る事となった。

31日 P5基部(発7時)~独標とP11の間(着17時)
昨日右往左往したP5は千丈沢側のルンゼを登る。僕が空身で登り、セカンドはユマール
で登ってきてもらう。2ピッチ目もザックを背負ったままだと苦しかった。
この登りだけで1時間半以上費やしてしまった。
独標はトラバースルートをとる。遠くから見ていて先行パーティーが苦戦しているようだったので、
気が重たかったがトラバッテみると大したことはなかった。
P1010750_convert_20120106230349.jpg


1日 独標とP11の間(発7時)~新穂高(着19)
これまで天気は良かったが、今日は雪が降り真っ白の世界である。
クライマックスのロケーションを楽しみにしていたので残念である。
ゴジラの背の様な所を登っていると、先行パーティーに追いついた。
ここからは我々が先行することとなった。
ルートファインディングが中々楽しい、先行パーティーには申し訳ないが、後方に姿も見えないので
穂先の登りは先に登りだす。ピッチにして4ピッチくらいはロープを出さなかったが、
最後のピッチはロープを出して登る。ロープがあると無いとでは、登り方が全然違って大胆な
登りができる。
パートナーと今日の内に新穂高まで降りることに話が決まった。
靴擦れで足が痛いのを我慢しながら下り続ける。近年まれに感じる苦痛との戦いでした。
P1010763_convert_20120106230707.jpg




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/371-ae7cac9c