FC2ブログ
こんにちは。
成瀬です。
ブログ遅くなりましたが、
12日13日の一泊二日で友人と阿弥陀南陵に行ってきました。
前夜発のつもりでしたが、11日の23時過ぎに友人が家に来ました。
明日の行程は短いからと、自宅で泊まり12日の7時頃出発。
舟山十字路には9時20分頃到着して9時40分に出発しました。
林道を歩き、地図を見ながら足跡を追って急登を登って南陵の尾根へ。
月曜日ということもあり、土日に入った人々のトレースがばっちりと付いています。
真っ青な空の下、陽の当たるところは土が見えているほど、まだ雪は少なく、
ひたすら尾根を登っていくと、
傾斜が徐々に緩やかになり、立場山に到着。
ダケカンバの間から、どっしりと威圧的な阿弥陀岳が見られて足取りも早くなりました。
コルへ下る手前の広い場所に着いたのは12時過ぎ。
テントを設営し、のんびりと過ごしました。
朝7時に家を出たのに、こんなにものんびりできるとは。
日帰り可能と聞いていましたが、それもわかる気がしました。
夕方になるとピークにガスがかかり、
阿弥陀岳の夕映えはきれいには見られませんでしたが、
岩がオレンジ色に染まるさまはいつまでも眺めていたいほど美しいものでした。
翌日ものんびり、8時過ぎに出発。無名峰までくると展望が開け、
南アルプス、中央アルプス、御嶽、乗鞍、北アルプス、そして大きな富士山が澄んだ青空の下に広がっていました。
これほどクリアに山が見られたのは初めてかもしれません。
そして、目の前には阿弥陀岳へ続く岩稜が続いています。どこを登るのか、
トポと照らし合わせながらルートを探し、歩いていきました。
岩峰だと思っていた部分はほとんど岩を巻いてトレースはつけられており、
一般ルートと変わりません。
P3の岩壁基部をトラバースしてやや急な道を下ると、リングボルトとワイヤーが張られた場所に出ました。
低い岩を登ったところから氷と雪が、岩溝に沿って続いています。
陽の当たらない岩溝は、さすがに寒さを覚えます。
ロープを出して、トップで登り始めました。
岩場を登ると、快適な登行でガシガシ登ります。
途中に見えていたリングボルトに支点を取りながら登っていきます。
トポによると「50mロープ2P」と書かれていましたが、
ピッチを切れそうな場所はなく、かなり登ったところでペツルのボルトがありました。
上には氷が続いています。
60mロープを持って行きましたが、これ以上登るとロープが足りなくなりそうでした。
リングボルトよりはましだろうと、
ペツルのボルトと気休めにアックスを雪面に無理矢理押し込んで支点を作りました。
案の定、残りのロープは2mほど。
セカンドで登って来た友人とトップを交代し、
陽の当たる稜線に出ました。
そこからはロープを出すこともなく、
岩場を登っていくと、まさに阿弥陀岳の頂上に突き上げました。
だれもいない頂上はほぼ無風。
真っ青な空を眺めながら休憩をし、12時過ぎに下山開始。
御小屋尾根の最初は急な斜面が続いていました。
こちらもトレースが突いていました。
なだらかな道を歩き、舟山十字路の車には14時20分頃到着。
温泉に入り、茅野にある友人おすすめのとんかつ屋に立ち寄って帰りました。
バリエーションルートではありますが、
天候も良く、雪も少なく、
クライミングっぽいところはP3の岩溝だけでした。
雪稜で一泊し、下から登って頂上に突き上げる阿弥陀南陵。
このルートがどうして人気が高いのか、
とてもよくわかりました。
次回は日帰りで来てみたいし、
他の友人とも登りたいと思いました。
そして、阿弥陀から眺める八ヶ岳には、
登りたいルートがたくさんありました。
今シーズンのうちにどれだけ登れるか、
今からたのしみです。
R0012453.jpg
R0012494.jpg
R0012519.jpg
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/366-ac971c82