fc2ブログ
10月9.10日、1川さん・N邑さん・はっちゃんで湯川のクラックに行ってきました。

 湯川クラックエリアは、コンパクトなエリアの中に登攀欲をそそるような、柱状節理のクラックがびしばし走っていて、またルートの長さも名張のMC岩壁と同じくらいか、長いくらいの物も多くあり二日間、充実したクラッククライミングが楽しめました。

 今回はヒマラヤから帰ってこられたN邑さんも来られたので、初日の晩御飯の時には沢山の写真を見ながら山話に熱が入りました。

登ったルートは…
・デゲンナー5.8(グレード8ですが最初の一本なので結構緊張、ハンドが決まりながらもバランスちょっと悪い感じ) 
・フォーサイト5.10a/b(フィンガージャムを聞かせて上部のフレークを目指す。腕パンプしまくりでした。)
・北風小僧5.9(初めの取り付きが4.5メーターランアウト。中間部はレイバック気味に支点を取ってゆく)
・台湾坊主5.9(コーナーを左右の壁だ足を拾いながら登る。最後5メーターくらいクラック内部が広がっているためナッツが有効。北風小僧よりこっちがお勧めです。)
・コークスクリュー5.9(出だしハンド、その後ワイドハンド、中間部から上部はハンドでボトミングが決まるけど痛い。登りごたえも有りとてもよかったです。)
・サイコキネシス5.10c(ワイドなフィンガーの薄かぶりを脚を拾いながら登りつめてゆく。上部のハンドが掛る所までがえら~い。最後は方が入るくらいのワイドを登りつめる。)
・サブタナル5.9(チムニーを詰めて(とても快適、チムニーらしい)、最後は壁の中に頭の挟まった感じから抜け出して終了点クリップ。冷や汗出ます)
・山案山子5.10a(カブの小ハングのっこしまでがきつい。上部はレイバックの持久系。)
・うたかたの日々5.9(カブはフィンガーとふっとスタンスを拾って抜ける。上部はタイトハンドできつい。)
・北京の秋5.10b(カブのワイドなフィンガーを超えて、中間部のぎざぎざした感じのクラックをぬけて上部コーナーへ。)

こんな感じです。写真はサイコキネシスオンサイト中の1川さんです

次に行ける機会は是非3大クラックにトライしたいです111009_1520~02

おすすめルートのチムニー5・9で奮闘するN邑さんPA090618_convert_20111017004916.jpg

1川さん・N邑さん2日間お疲れ様でした!!
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/340-e8897fe9