FC2ブログ
8月17日 N元さん、I佐さん、はっちゃんで北アルプス赤木沢に行ってきました。

初の沢登りでどうなる事かと思いましたが、水の中をぐいぐい登ってゆく感じや、立て続けに滝をガンガン越えてゆくのが躍動感があり、非常に面白かったです。

(行動時間)
折立 2:51
5:23 太郎平小屋 5:34
6:55 薬師沢小屋 7:08
7:50 赤木沢出合 
9:55 稜線 10:04
10:38 北ノ俣岳
11:28 太郎平小屋 11:40
13:30 折立駐車場

赤木沢110817
曇っていたので写真はいまひとつですが、きれいな沢でした。 

折立駐車場から太郎平までライトをつけて登りだす。多少雨交じりのなかでしたが、順調に太郎平小屋着。小屋から薬師沢まではほとんどが木道で沢筋という事もあって快適。道も新しく建設途中で、こんな所にどうやって持ってきたのだろうと思わせる小さなショベルカーが道に横たわっていたりしました。

薬師沢小屋で準備していよいよ赤木沢へ出発。沢靴を持っていないはっちゃんは不安でしたが、濡れた岩にも5.10のアプローチシューズのフリクションが効き、ぴょんぴょん石を飛び跳ねて沢筋を詰める感覚が楽しくなって来る。
この辺りから沢の最後までインディージョーンズの曲の中にいるような、冒険的な感じでした。

水もさほど冷たくなく、また岩にしがみつきながら水深のあるとこを登ってゆくのがクライミングみたいな感覚で面白い。

赤木沢出合いからは、なめ滝や、小滝の連続で沢を詰めてゆく。滝を登る時は疲れますが、登りきったら次の滝まで大体平坦な沢を詰めるので、あまり疲れることなくまた次々に滝が前方に現れてくるので飽きることなく脚を進めてゆけます。
途中3パーティーほど沢に居ましたが滝の順番待ちもなく、快適に登りあっという間に稜線近くまで来てしまいました。沢の水が上部の登りも丈の小さな草原歩きの様で、雨交じりの中でしたが、晴れていたらとてもきれいな景色だと思います。

稜線に出てから太郎小屋まで横殴りの雨にあおられつつも、これまたきれいな木道交じりの道を歩く。太郎小屋手前からは晴れてきて、順調に折立まで下山完了。

本来なら沢はヒルが出たり、ドロドロの高まきがあったりというものだそうですが、初めてでこんな快適な沢を登る事が出来て良かったと思います。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/317-e271ebd3