FC2ブログ
荒川出合2ルンゼ大滝に行ってきました
出合から見ると、かなり立って見えますが、登ってみるとちょうど快適な難しさでした

荒川出合2ルンゼb

3人でリードを交代しながら登ったこと、下りに手間取ったことなどで、16時間以上の長時間勤務になり過労死しそうでした


メンバー:1川、姉さん、はっちゃん

ゲート4:20-6:30荒川出合-2ルンゼ取付7:20-大滝取付9:00-14:00終了点14:30-大滝取り付き17:50-荒川出合19:00-20:40奈良田

2ルンゼ出合から見ると、デブリが斜面を埋め尽くしています
先週の南岸低気圧が大雪を降らせたよう
デブリは安定してて、サクサク登って大滝下へ。ブルーアイスがきれいです
IMGP5325_convert_20110223091922.jpg


(1ピッチ目、姉さん)大滝下に滑滝があったので、巻くこともできたがせっかくなので登る
(2ピッチ目、1川)大滝右側のもっこりした部分から、左上へ45メートル。氷は水がしたたるような柔らかいとこと、パキンと割れる硬い氷があった。大滝途中の左側の木でビレー。最後の数メートル、雪壁が不安定で怖かったです。厚手の靴下を忘れ、土踏まずが始終浮き気味。途中で攣って落ちそうになる。リードをはっちゃんに交代してもらう

荒川出合2ルンゼc  荒川出合2ルンゼa  IMGP5336_convert_20110223092009.jpg

(3ピッチ目、はっちゃん)最初の数メートルが立っていて、つらら系だが難しくない。右上の斜面に出ると氷が薄いところもありました。大滝を抜けたところでスクリュービレー
IMGP5346_convert_20110223092034.jpg

4~6ピッチは傾斜も緩く、ところどころ斜面の歩きもあり、だらだら行く。広々したところで、適当にやめる。

トポでは左の尾根を下るとなっており、大休止の後、谷をそのまま少し登り、左の方へトラバース
尾根に乗ろうとするけれど、サクサクの雪が太ももの深さまで潜る
ここで雪崩に流されるのは嫌ですう
ロープを付けて尾根まで2ピッチ
そこから、鬱陶しい樹林帯を懸垂4ピッチで、大滝取り付きまで
ロープが下りてこなくなって別の木に付け替えたり、
大滝途中の木まで届かずに付け替えたりして手間取った
大滝下からはラテ付けて下った

林道まで無事下りれたとホッとしたのもつかの間、
10数キロの林道歩きにげっそり
氷点下まで下がってツルツルに凍ったところもあります
ジョギシューに履き替え、こけそうになりながら辛い残業を終えました
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/273-6674230a