FC2ブログ
N素、N村、H部、I佐(報告)の4人で、奇美世の滝に行って来ました。

木曽駒ケ岳上松Bコースの五合目下にあるこの滝は、芦島キャンプ場(?)から林道と登山道を歩くこと2時間15分ほどの所にあります。幅も広く、落差も60mくらいあって、堂々としています。関東からはアクセスがあまり良くないこともあって訪れる人はあまりいないようで、丸一日貸切でした。


        出だしは、大きな滝壺があって緊張します。H部さんリード中。
        奇美世の滝1


        同上。
        奇美世の滝6


        同じ滝の上部。とにかく大きい。N素さん、リード中。
        1P目は50m一杯まで伸ばし、2P目は15mくらい。
        奇美世の滝2


        1P目上部から下を覗き込む。高い…。
        奇美世の滝5
 

        2P目。氷柱の右側に回り込みます。4、5mほどのバーチカル部分もあって、
        短いけれど登り応えがあります。
        下降は、滝の右側にトラバースし、木を使って懸垂下降します。
        奇美世の滝4


        滝の左側をリードするN村さん。
        こちらも上部はバーチカルありで、なかなか大変です。
        奇美世の滝3


        滝の右側もバーチカル。N素さん、慎重にリード中。
        この後TRを張ってもらって、練習しました。
        奇美世の滝7

    
        N村さんは、N素さんが登ったラインの右側をリード。
        こちらも上部は氷が立っていて、とっても難しい。
        (カメラのレンズが凍ってしまい、ところどころボンヤリとして残念。)
        奇美世の滝8


本数こそ出せませんでしたが、滝が大きいので「沢山登れた~」という充実感がありました。
9時から夕方の6時まで、丸一日氷遊びができて大満足。
こういう山行も楽しいです。奇美世の滝には、またいつか行ってみたいと思います。 
   
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/259-844f41ee