fc2ブログ
11月12日にH部・T姉さん・魂D君の3人で御在所の中尾根に行ってきました。

7:00裏道駐車場出発
9:00登攀開始・中尾根取付・携帯電波2本
10:15 P3トップ(P2とP3のコルは電波0本)
12:36 P1登攀開始・電波0本
14:45 懸垂下降終了(3ルンゼ)・電波0本

10月に行った時にP2の崩壊地点で敗退したため、今回は上まで抜けてみたいと登ってみました。
中尾根取付地点 P4中尾根P4取り付き


P4 1ピッチ目:10メーターくらいフェースを登った所からクラックで支点をとりながら内面登攀の始まり。前科同様中に入って登ったため、ザックにほんとうに穴があかないか心配だったが、ザックの強度が今回は岩に勝り破れずに無事抜けられた。
   2ピッチ目:始めの出だしの一歩が、手を大きく上に出してホールドに体を引き付けて登るのでザック付では少しえらい。

P3取り付きまではP4のトップから歩いて移動。

P3 3ピッチ目:錆びたハーケンやクラックを利用して、けっこうたくさんランナーをとる事が出来る。上部の         ワイドクラックも奥の方にしっかり持てるガバが有り終了点へ。今回は終了点の5メーターほ         ど奥に有る懸垂支点までロープを伸ばした。3人だと少し狭く感じるが動けないほどではなか         った。

P3・P2のコルへは50メーターロープ1本で懸垂可能
P2・P3のコルへの懸垂下降P2・P3のコルへの懸垂下降
P2・P3への懸垂下降 ②

P2 4ピッチ目:問題の崩壊後のハングののっこしだが、少しハングから顔をあげたらナッツがシッカリとボトミング出来る所がありそこにナッツをかませてアブミで上がる。その後エイリアンの黄色と緑でアブミの架け替えをして、中間部のバンドに立つ。ここを左カンテに向かってトラバース。カンテに出てからは傾斜のゆるいフェースを20メーターほど登りつめてビレイポイントへ。
P2登りだし 中央のハングしている所に上のリスにナッツの4番を決めるP2登りだし 中央のハングしている所に上のリスにナッツの4番を決める

    
   5ピッチ目:P2の頭に向かって登りつめる。傾斜も立って来てフリークライミングの要素も強くなってくるが、このピッチは銀色のペツルのボルトが5,6本打ってあり快適に登れました。最後の5メーターくらいがハンドクラックで頭にのっこしがあったが、手を伸ばすとしっかりつかめるピップ状のホールドが有りP2のかしらに抜ける。

P1取り付きまでは50メーターロープ1本で懸垂可能でした。

P1 6ピッチ目:ここは傾斜も強くクラックほ場も広いし下降は懸垂で戻ってくるのでザックを下して登攀しました。ハーケンもテストで引っ張ったら折れてしまうほど古い物も有りました。登りだして15メーターくらいの所でワイドクラックのの外をステミングを効かせて登ろうとするが、全然手が見つからない。「しょうがないからクラックに入ってだめだったらおります」と言って入ったら、とても快適な!?スクイーズチムニー(傾斜が緩かったため)でウソみたいに抜けれてしまった。上部はワイドクラックの外側でバックアンドニーで登って、クラックの奥やリスなどでもカムで支点をとる事ができあんしんして終了点へ。

P1頭からは懸垂3回で3ルンゼに降りる事が出来ました。

どこもかもワイドなクラックでしたが、上まで抜けてとても楽しいクライミングが出来ました。
一日天気も持ち、そこまで寒くもなく中尾根をぬけれて良かったと思います。

                                           H部



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/227-40321d9e