FC2ブログ
剱岳を予定していたこの週末。
出発の8/12も間近に迫った週明け、取って付けた様に台風は現れました。
しかもコースは日本海側。能登半島付近到達は丁度8/12・・・

加えて捻挫に肉離れ、果てはぎっくり腰と隊員を襲うアクシデント。
いつしか健在の隊員はN邑、I佐、K津の3名のみに。
ならばいっそのこと、フリーに切り替えようと小川山に向かった3名でありました。

涼しく虫もおらず(ハサミムシ除く)、冷たい水とI佐料理長の美味なる料理。
贅沢な環境に身を置いて、心身ともに満足の4日間でした。
ハイライトは何と言っても烏帽子岩左岩稜。時折降る小雨にヒヤヒヤしながらの20ピッチは、
そのロケーションや内容も相まって素晴らしいものでした。
個人的にはN邑さんの最終日の登りにも熱いものを感じました。

8/12 移動日
8/13 フリー(リバーサイド、隠し子岩 08:00-18:00)
8/14 マルチピッチ(烏帽子岩左岩稜 10:00-18:30)
8/15 フリー(リバーサイド、マラ岩、妹岩 09:30-14:30)、撤収

携帯はまったくつながりません。これだけ人が入る場所だというのに珍しい。
とはいえルート、ボルダーだけではなくマルチも楽しめる、小川山の懐の深さには脱帽です。
残してきた宿題と併せ、近いうちの再訪を望みます。
【8月13日 曇り時々小雨】

前夜のI佐料理長のアボカドディップにチリコンカーン、そしてローストチキンは、僕達の胃袋をこれでもかと言うくらい満足させてくれました。
しかし、幸せな胃袋をさすりながら眠りに就いた3人のテントを叩くは小雨。
朝目が覚めるとテントのフライは水滴に覆われていました。

朝食はマフィンのローストチキン載せ。N邑さんいわく「小川山一うまい朝食」に、否が応にも力がみなぎります。
本日はリバーサイドエリアから。

①ブラックシープ 5.9 N邑、K津 MSRP、I佐 TR
しょっぱなからえらいものに取り付いてしまいました。
1ピン目までのスラブは、前夜の雨でびちょびちょ。
さすがじめじめした場所、下半分は沢登りの岩のようでした。

ブラックシープ1
ブラックシープの下部はコケコケ&ベタベタに濡れて黒光り。

ブラックシープ2
心優しいN村さんは、1番手を新人K津さんに譲る。

ブラックシープ3
その後で、「どーれ、お手本を見せるか!」とN村さん、取り付く。

②BUN2 5.11b N邑、K津 3便ずつ(K津RP)
個人的には7年前に訪れて以来目にするBUN2。当時は登れる気すら起きませんでしたが
今回は「見える、見えるぞ!」という感じ。
1便目はテンション祭りでホールドを探ります。I佐さん、いきなりの激落ちすんませんでした。
N邑さんは終了点クリップの体勢まで持って行くもフォール。見ているほうが緊張しました。
K津は2便で動きを固め、3便目できっちりRP。
レストはばっちりできるルートなので、いかに自分の動きを作るかだと思います。
この後、隠し子岩へ移動。

BUN BUM
BUN2登る、N村さん。

③隠し子岩 右端のクラック 5.9? I佐、K津それぞれ 1便ずつ
快適なハンドクラック~オフウィズス。
どうしてオフウィズスをやると息があがるのでしょう。

④隠し子岩 左端のカンテ 5.10a K津 OS、怖いので後続なし
じめじめしたバンドからハングを越し、風化したフェイスをカンテ沿いに登る。

⑤隠し子岩 中央のフェイス 5.10c N邑、I佐、K津それぞれ 1便ずつ
クラックの走る岩の中央をやや蛇行しながら登る。
取り付きは右のクラックをジャミングか、左のカチを使って登るかの2通りあります。

この岩は5本くらいラインがありますが、終了点は全て共通です。
しかもハンガーが2つ打ってあり、腐ったスリングが通してあるだけ。
立ち木もないだけにちょっと怖いです。

ここで雨がぱらついてきたので撤収。I佐料理長の鶏ちゃんに舌鼓を打ち、就寝。
またも夜は雨。

【8月14日 曇り時々小雨】
停滞を覚悟してリッツのバナナと蜂蜜乗せの朝食に手を伸ばしていると、天気が保ちそうな感じ。

N村氏
停滞覚悟でまったりムードのN村さん。

K津氏
K津さん。お見合い写真?

ならばと山渓に掲載されていた20ピッチのマルチルート・烏帽子岩左岩稜を登ることに。
アプローチは踏み跡やケルンがしっかり。随分多くの人に登られている感じでした。
700mの長さを誇るルートでありながらかなり急峻で、前半はこれでもかと言うフェイスを登り
4ピッチで一気にナイフリッジに駆け上がります。(5.6~5.8)
ただやや岩壁はもろく、1P目のトップ・I佐さんは2ピッチ分ロープを伸ばしたものの2ピッチ目を
右に巻いた形になったようです。

烏帽子1
こういう所が暫く続くが、取り付きまではテンバから20分ほど。意外に近い。

烏帽子2
目印の岩の雪だるま(バランス岩でしたっけ?)。ここから林に入ると取り付きあり。

1P I佐 狭いジェードル登り。松の木でピッチを切るようだがI佐さんはそのまま行く。
2P I佐 おそらく巻き道。トポでは左に出て5.7のフェイス。
3P N邑 次のビレイ点まで上がる。トポでは5.7のダブルクラック。
4P K津 露出感満点のフェイス。いきなり小雨がぱらつき、焦る。腐ったハーケン多数。
5P N邑 ナイフリッジを抜け、樹林帯へ。
6P K津 5.4にしては一部難しい。というより草が生えていたり脆い。太い松の木でピッチを切る。
7P I佐 半分林の中のリッジを右から取り付く。たぶんトポの7.8ピッチ目。
8P K津 5.7。クラック状のところから取り付き、またも露出。
      中くらいのボルダーの左脇をトラバースする部分が、下が切れ落ちていてヒヤッとする。
9P N邑 トポの10P途中と思われる。岩に打たれた杭までロープを引いていく。
10P I佐 右に曲がっていくナイフリッジ(ゴジラの背?)を渡っていく。振り返ると4Pの終了点越しに
      砦岩や屋根岩が。
11P K津 一部樹林帯になるが、突如視界が開けて次のピッチの美しいクラックが眼前に。
12P K津 美しいハンドクラック。取り付きが半分切れ落ちているところがまた小憎らしい演出。
13P K津 懸垂下降点まで歩き。どうやらこのピッチの途中に烏帽子岩本峰の山頂があるらしい。
14P K津 懸垂下降。降りた先はリッジ。木で支点が取れるが、どうやら右手の樹林帯まで下りる方が正しいら      しい。
15P K津 次の懸垂下降点まで岩塔を登る。脆い。岩がところどころ動く。
16P N邑 懸垂下降。支点が危ういため、慎重に。
17P K津 樹林帯を掻き分けていく。一応リッジ状になっており、程なく眼前にオフウィズスが。
18P K津 やはり息を切らしながらオフウィズスを登る。一旦平地になり、再度低いフェイス。
      越えてからワイドクラックの目の前でピッチを切る。見晴らしがよい。
19P K津 最終ピッチ。ワイドクラックで、途中片方の岩が減ってくる。各自膝をぶつけたりしながら登る。

烏帽子3
ハンドクラックがばっちり効く楽しいピッチ。

烏帽子4
こういう所をいくつか越えていきますが、岩が脆くてヒヤヒヤします。

テン場を出て戻るまで正味8時間強。アプローチが非常に短いです。
途中のエスケープは難しいものの技術的に内容が濃く、早朝出発を心がければ技術確認を行いつつの登攀という
スタイルも可能だと思います。

夕飯は野菜てんこ盛りの焼きそば。
見切り品のアスパラに手を出したのが運のつき。さしものN邑、K津両名も悶絶しながら平らげました。

【8月15日 晴れ】
朝から晴天。N邑さんは既に宿題のBUN2に向け心のアップを開始されていました。
朝食はツナサラダのサンドイッチ。やはり小川山一うまい。

①リバーサイド BUN2 5.11b N邑 3便にてRP

準備運動
まずは準備体操で肩と背中の筋肉を温める。

ランデブー
ランデブーを登るK津さん。

RP狙うN村氏
今日こそRP、と意気込むN村さん。

最初の2便でかなりてこずっており、RPは次回に持ち越しかと思われた3便目。
上部下部2回ある核心で手順を間違えるN邑さんに内心「持ち越しかー」と諦めかけていました。
しかし気合で下部核心を抜ける。ぐだぐだになりつつレストポイントへ。
今までより断然に長いレスト。ロープを通じて気合がびんびんに伝わってくる。
レストを終え、上部核心へ。またも手順に迷う。思わずビレイをする手に力がこもる。

しかしN邑さんは諦めない。ほぼスメアの足に乗り、既にミシンを踏んでいる。
アンダーでマッチ。左手に持ち替える。そして右手はサイドカチへ。
依然震える足。ロープを通じて緊張と執念が伝わってくる。
カチを保持。左足を入れ替え。右足を右のスタンスに送る。
そして・・・クリップホールドを保持!今度こそRP。
ビレイをしている僕も手に汗握る、素晴らしいトライでありました。

②リバーサイド ランデヴー 5.11a K津 OS
下部はアンダー天国、上部はマントル天国。1ピン目までが恐怖ですが、それ以降は
ホールドを探せばある感じでした。

③妹岩 彩花 5.10c K津 宿題
マラ岩のブルースパワーをやろうと行ったものの順番待ちが激しく、合間にやったものの完登ならず。
ラインがいまいち分かりませんでした。

そうこうしている内に下山の時間に。次回来るときはブルースパワーか帰ってきた開拓王に取り付いてみたいと
目論みつつマラ岩を後にしました。N邑さんは露出感抜群のクラック、オーバーヒート5.11cを見て、気合を
入れなおしておられました。

また、この日テン場で会った京都の方によると、剱岳は8/12-13は台風の影響で前線が停滞し、しっかり降っていたとのこと。
それでも剱沢のテン場は50張り程もあったそうです。
日本海側を台風が抜けるときの天候判断の良い参考になりました。

結果的に、小川山で貴重な4日間を過ごせたのは良い判断となりました。
工夫次第でフェイス、ボルダー、クラック、マルチと色々楽しめる場所。
N邑クラック・マルチ監督、I佐料理長のおかげで非常に充実した内容となりました。
この場を借りて改めてお礼を申し上げます。そしてまたよろしくお願い致します。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/190-e491c966