FC2ブログ
CAC雪上講習会に参加させていただきました。
CL(講師):K三さん、I佐さん、H部さん、K津さん、K島 の計5名。

27日
 19:50 K三さん車とH部さん車が、恵那峡SAで合流。
 御嶽ロープウェーPからリフト終点付近まで、
 かさをかぶった月明かりの下、ヘッドランプを点けながら登る。
 私は、荷物が一番軽いにも関わらず、とてもえらかった。

 リフト終点付近で、1時間半くらいをかけて、一人一人が雪洞を掘る。
 H部さんの温度計では、気温はマイナス13℃。
 体を動かしていたことと無風だったこととで、寒さはあまり感じなかった。
 しかし、就寝となると寒く、圧雪車の音もあってあまり眠ることができなかった。

             雪洞
             中は広くて快適。でも寝るにはやっぱり寒い。

28日
 5:40頃起床。
 それぞれの雪洞で朝食をとり、8合目をめざして出発。
 凍っているところはとても怖く、慎重に歩く。
 K津さんは、ワカンの練習もする。
 講習前から雪が降り出す。

 講習内容
 ・アイゼンなしと、アイゼンありの歩行の仕方
 ・ザックなしと、ザックありでの滑落停止
 ・スタンディングアックスビレーの仕方
 K三さんと岳連の講習会に参加されたI佐さんの助言を聞きながら行う。

             歩行訓練
             アイゼン無しの歩行練習。気を抜くとずりっと滑る。

 アイゼンのつけかたや、歩行の仕方など、基礎基本を教えていただいた。
 ザックを背負っての滑落停止は、みんな行ったことがなく、
 ザックに体がとられることなどを体感することができた。
 私は、初めてスタンディングアックスビレーを教えていただいたが、
 スピードがついた時は特に、慌てずに対処しなければいけないと思った。

 K三さんとI佐さんはスキーで、H部さん・K津さん・K島はテクテクと歩いて下山。
 帰りは褐色の温泉と、おいしい粗挽きのおそばを食べて帰路に着く。

CLのK三さんはじめ皆さん、ありがとうございました。
とても勉強になりました。

               K島 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://chikusaikuzo.blog16.fc2.com/tb.php/143-926b307b